top of page

<新年の御挨拶>

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。お久しぶりでございます。いかがお過ごしでしょうか。


ホームページやSNSの担当をさせていただきます森庄銘木産業株式会社4代目森本達郎です。本年も宜しくお願い申し上げます。


文面で大変恐縮ではございますが、お世話になっている皆様に2022年のご報告をさせていただければと存じます。


2022年は「森と暮らしを繋ぐ」をテーマに掲げ、山林管理を弊社に任せていただける地主さんとの出逢い、共に取り組む製材所さんとの出逢い、弊社から木材を購入してくださるお客様との出逢い、教育関係の皆様との出逢い。多くの"出逢いとご縁"に恵まれた年でした。山主さんから「森庄さんのおかげで、山がきれいになって、お金も入ってくるようになった」お客様から「森本君の熱意と、木材に対する冷静な目利きと提案力のギャップに驚いた」などのお言葉を頂戴することができました。数百万~1千万規模のプロジェクトも企画~納品まで何件も携わらせていただき、"森から生まれるバリュー"をお客様と共創することができました。

少し、社内の話もさせていただきます。


この一年で大切な仲間も増えました。ベテラン社員に混ざって20代の活気ある社員が2人、山の現場で頑張ってくれています。2027年の創業100年に向けて更に仲間を募集していく予定です。








宇陀出身の中村君と太田君



前置きが長くなりましたが、新年2023年の抱負を述べさせていただきます。


2023のテーマは引き続き「森と暮らしを繋ぐ」と「根を張る」です。みなさま、日本の再造林率が何%かご存知でしょうか。多くのサービスが普及する中で、木材の本質は育て続けられることにあるのではないでしょうか。当たり前のことですが、足元をしっかりしてこその光合成と成長と考えています。木のカタチを問わず、森、そして木材のコーディネートを任せていただける状態を目指し、2023年も精進して参ります。


皆様におかれましても、幸多き一年となるようお祈り申し上げます。


最新記事

すべて表示

メディアの取材を受けました/「LoveKinohei」様

森庄ブログへようこそ、管理人の専務の森本です。 WEBメディア、Love Kinohei様に取材いただきました。当記事では、私たちの豊かな歴史、森林管理への取り組み、多様な高品質木材製品について深く掘り下げていただいています。 内容としては伝統的な磨き丸太から現代的な家具や木製アクセサリーまで、木の用途の多様性と美しさを示す製品を提供している取り組みをお話しさせていただいております。 持続可能な林

Comments


bottom of page