立命館大学新聞に掲載されました

森庄銘木産業がウッドデザイン賞受賞 森林の課題とは

2022年2月12日

https://ritsumeikanunivpress.com/02/12/9202/

本学経営学部の卒業生である森本達郎さんが専務を務める森庄銘木産業(奈良県宇陀市)が「ヒノキ曲がり梁(はり)」、「『自分ちの森』を知る第一歩 若手林業家と巡る森林ツアー」で「ウッドデザイン賞2021」を受賞した。ウッドデザイン賞とは林野庁の補助事業であり、木に関する製品や取り組みについて評価し、その中から特に優れたものを表彰する制度。ライフスタイルデザイン、ハートフルデザイン、ソーシャルデザインの3部門がある。同社では木を加工する、森林を所有者に代わって管理するなどの事業を行っている。

作業の様子