<第108稿>長尺の大黒柱を特注で製造 吉野杉葉枯らし材

●近畿地区木青連 10月5日 近畿地区木材青壮年連合会の皆様が研修でご来社されました。東吉野村鷲家の自社林の伐倒を見学していただいた後、道の駅にて桧磨き丸太の施工例の現場を案内させていただきました。森の可能性を、共に引き出していきたいと思います。




●県有林 10月9日開札の東吉野村大又地区県有林を落札いたしました。100年生吉野桧約250本をヘリコプターにて搬出し、11月末の70周年記念市に出荷いたします。どうぞご期待ください!


●原木市 10月15日 奈良県銘木協同組合にて原木市がありました。吉野杉の葉枯らし材と120年生吉野桧を出荷しました。本場の吉野材だけに色も目合いもバツグンで、また、買い方様も多く競り上がり、見積もり以上の売り上げをさせていただきました! お買い上げありがとうございました!



●注文材 10月29日 ご注文いただきました太角柱を製材いたしました。本場東吉野村瀧野産 130年生吉野杉を7.2m×390×390に製材。末まで全く節のないきれいな柱が取れました!市場に無い寸法に対してご提案できるのは、林業家ならではかもしれません。




●告知 今年の冬もこの時期限定の林業体験を実施いたします。たくさんの皆様のご参加お待ちいたしております!