• 森庄

<第49稿>奈良の木フォーラムに出展

●奈良県銘木協同組合 磨き丸太市 10月1日 奈良県銘木協同組合で磨き丸太の市がありました。  市況を反映し、相変わらず低調です。

●奈良県銘木協同組合 杉原木市 10月2日 奈良県銘木協同組合で林材まつり杉原木市が開催されました。土用伐りのため7月後半から宇陀市内、吉野郡東吉野村にて伐採し、葉枯らしさせた吉野杉を大量に出荷しました。原木不足と良質な葉枯らし材とがあいまって、人気よく高値で完売しました。  お買い上げありがとうございました!

●奈良県銘木協同組合 桧原木市 10月16日 奈良県銘木協同組合で林材まつり桧原木市が開催され、宇陀市内牧より90年生、東吉野村滝野より110年生吉野桧を出荷しました。  手入れされた良質材で見積もり以上に売れました。  お買い上げありがとうございました!

●山林調査 今月も宇陀市荷坂・東吉野村滝野・吉野町三茶屋で山林調査を行いました。  市況を捉え、やはり吉野桧の良質材が中心です。来月出荷予定です。






●長尺磨き丸太 今年もこの季節がやってまいりました。東吉野村杉谷にあります弊社所有林にて長尺磨き丸太の伐採をしました。2カ月間葉枯らしさせ、年末にヘリコプター集材を行います。



●奈良の木フォーラム 10月31日 東京中野にあります実践学園・自由学習館に於いて開催されました『奈良の木フォーラムin東京』に参加させていただきました。 荒井知事自らが奈良県を挙げて吉野材をPRして戴いているイベントです。荒井知事と建築家で東京大学教授の隈研吾先生との対談、早稲田大学教授の古谷誠章先生、婦人画報の出口由美編集長、プロダクトデザイナーの山際博史氏を交えたパネルディスカッションと続き、有意義なフォーラムとなり参加して非常に勉強になりました。 弊社も奈良の木「吉野杉・吉野桧」を生産し、加工し、流通している一業者として微力ながらお役に立てるよう頑張って参ります!




13回の閲覧