<第51稿>1年の感謝を「山の神様」


●山の神様

12月7日は当地の大山祇(おおやまづみ)神社(山の神様)の祭礼で山林での作業を一切行いません。 前日から9mもある注連(しめ)縄を編みました。当日はお供え物も並べ玉串奉奠し厳かに参拝いたしました。今年一年の山仕事の無事を感謝し、木の魂を鎮め、来る年の業界の発展をお祈りいたしました。  この大山祇(おおやまづみ)神社の本山はなんと瀬戸内海の大三島に鎮座されております!


山祭りは、林業や製材、木材加工など山の恵みを受けている人達が、山の神様に感謝する神事です。地域ごとにお祀りされていることが多く、私たちの仕事を見守って下さる神様と言えます。


山の恵みに感謝するとともに、現場の安全な作業を祈願させて頂きました。

今年一年もどうぞよろしくお願いいたします。






●京北銘木市場 12月18日仕入れと動向調査を兼ねて京都北山京北銘木市場に行ってきました。厳冬の中でしたが活発な競り売りがされておりました。さすが本場ですね!


●奈良県銘木協同組合 桁丸太原木市 12月24日 奈良県銘木協同組合で桁丸太原木市がありました。奈良県吉野宇陀地域より約500本出材されていました。弊社もその中の良材を100本買い付けました。自社伐採分も含めると約300本!皮?きは春までかかります!