森庄に森林管理をお任せいただける皆様へ

  • 大切な森林資源の管理のご提案

    1 時間

    無料

森庄へ森林管理を委託ご検討の皆様へ、その方法と手順をご説明いたします。
(少し長いですが、最後まで読んでいただけると幸いです)

また山林売却や処分をご希望されるの方も、同様の流れになります。
※本当に申し訳ないのですが、権利関係が複雑な場合や、面積が小さすぎる場合、現場調査に向かうのが困難な山林は調査をお断りする場合がございますご了承ください。

●森庄に森林管理を任せたい
●所有している山林の使い道やメリットがない
●山林を相続したが行ったことも見たこともない
●山林の維持や管理が大変などの理由で売却を検討されている
●管理をお願いしている山守さんがご高齢である

上記の皆様が対象となります。

では実際<森林管理をお願いしたい・山林を売りたい、処分したい>
という場合、どこに相談すればよいのでしょうか。

⇒森庄にご相談ください

 

というのも多くの方はまず不動産業者や、懇意にしている銀行、税理士などの士業関係者に山林売却の相談をされているようです。(弊社も不動産業者の方から山のお話をしばしば頂きます)不動産と山林は似ているようで取引に必要な知識が異なるため、売却手続きや境界策定、税金面で的確なアドバイスを受けたり、山林の価値に見合った査定結果を得ることは難しいと思います。

また山林の境界線は境界杭、立木の種類や尾根、沢や水の通り道で判別するため、素人では見分けが難しく、登記簿や公図を見ても境界線がはっきりしない場合は、隣地の所有者との調整が必要になります。

その山林の条件にも寄りますが、山林売却を依頼して業者に査定してもらったところ、山林の立木は市場価格0という結果が出る場合も多いようです。適切な伐採・搬出方法や、木材の販売ルートを持たない業者であれば、山林の立木が0査定になるのは当然なのではと思います。

山林に関する見識がない業者では、境界線や所有者の問題に対処したり、山林の価値に見合った評価を出すことは難しいでしょう。それが放棄林が増えている一因でもあります。


やはり、山林のことは山林のプロにご相談いただけることが、その「山林を活かす、活かす方法を知る一番である。」と考えています。
<森庄では山林の現況や道などの条件、立木の種類や年数、現在の市況まで考慮した上で、山林全体の価値を正確に見させていただきます>

●●森林管理をお願いする・また売却の流れと手続き●●

山林を売却する際の流れと手続きは、以下のようになります。

①山林の「登記簿謄本」もしくは「固定資産税の通知書」を用意する
②現場調査(山林の現況・立木価格)を依頼する
③森林管理、また売買契約を締結。そこで

「森庄委託森林のカルテ」を作成させていただきます。※皆様にもお渡しします。

「かかりつけ医ではなくかかりつけフォレスター」ですね。
 (写真・立木情報・毎木量・接道・林道の有無・価格等)

●●では、具体的な流れを順番に説明していきます●●

1. 登記簿謄本もしくは固定資産税の通知書を用意する

山林の売却をご希望される場合は、現地調査が必要です。まずは対象となる山林の「登記簿謄本」もしくは「固定資産税の通知書」をご用意いただきます。

登記簿謄本には住所などの地番と現在の所有者、「山林」「原野」「雑種地」などの地目が記載されており、各県の法務局で取得できます。固定資産税の通知書は、山林所有者の方に毎年送られてきます。

2. 現場調査を依頼するまでに

山林のお見積りにあたっては、まず所有者に関する情報や、隣地との境界、権利関係を確認します。
実際に調べてみると、対象となる山林が他人との共有名義であったり、図面が古くて境界がはっきりしないといったことがよくあります。この場合は、共有者への聞き取り調査や、境界線の策定、隣地所有者との調整などが必要になります。弊社は宇陀市境界明確化事業を通し、その調整も行っていますので安心してお任せください。


ここで問題がない場合は、森林のお見積りに移ります。山林の土地については地目や面積、接道状況、傾斜などを考慮し、立木については樹種、樹齢、手入れ状況、伐採や搬出にかかる時間などを考慮した上で、市場の木材価格を参考に見積りを行います。

最後に土地と立木の査定金額を合算し、おおまかな山林の価格を算出します。山林の価格相場は、1平方メートルあたり100~5,000円と山林の種類によって異なります。山村奥地林地は安く、道が付いている山林、都市近郊林地ほど高くなります。

森林は面積が広大で、100年以上前に測量した数値がそのまま残っているという場合もあり、登記上の面積と実際の面積にズレが生じることが多いです。

売却の際は、登記簿に記載された面積をそのまま利用する「公簿取引」か、実測によって土地面積を確定する「実測取引」で行います。


3.森林同行ないし単独調査でのお見積り

山林内に入り、現況や立木の種類、生育状況、間伐、下刈りの有無等を改めて確認します。また、風害・雪害による倒木や、林道などの管理状況も確認します。

●登記簿の情報や図面だけでは、山林の価値を正確に判定することはできません。

実際に現場に入って山林内を歩き、現況を確認することが大切です。

最後に現地調査の結果を「森庄森林カルテ」を作成し、今後オーナー様の森林をどう管理、収穫していくか私たちと一緒に考えていきます。

長文失礼致しました。森林管理といえども、その森林一つ一つに対して、私どもからの提案も異なると思います。現在山の価値、立木の価値は非常に下がっている現状ですが貴重な資源であることには変わりません。ぜひ、今後100年続く森林を一緒に作っていきましょう。

 
森庄へのお問い合わせ
​メディア関係の皆様もこちらからお願いします
 

林業・木材販売業

創業1927年、奈良奥大和を拠点に活動する林業家です 。

森林管理のことならお任せください。

森庄とSDGS横並び.JPG
  • Instagram
  • 森庄銘木FACEBOOK
  • 森庄/専務ツイッター