森庄ブランドとして~製品づくり~

​林業家として、「環境目線」「お客様目線」「オーナー様視点」のものづくり。

そのために可能な限りの情報を集約しています。

山の立木の情報も駆使しながら実際ご使用いただける現場の​ニーズにお応えできるよう準備をしています。

日本の木材の流通サイクル 森庄バージョン.JPG

お客様の声にお応えするために、磨き丸太製造~出荷までの森庄のこだわりです。

​山仕事の中でキズがあれば、A品の製品には出来ません。

「森林づくり」が「森庄ブランド」の第一歩には変わりありません。

「ベルト」
「ベルト」

キズを付けないために使用します。重心を見極め、ベルトを駆使して管理します。

「クレーン」
「クレーン」

クレーンを駆使、12mの木まで繊細な力加減で運びます。

「水圧」
「水圧」

強力な水圧で樹皮を剥いていきます。この瞬間からはより繊細な取り扱いとなります。

「背割り」
「背割り」

チェーンソーの角度、木の音に気を遣いながら一本一本背割りを入れていきます。背割りをいれることで木の表面割れを防ぐほか乾燥を早めることにも繋がります。

「寒晒し」
「寒晒し」

「かんざらし」寒風に晒し、木の表面を締めていきます。「色上げ」とも言います。

「THE 土壁倉庫」
「THE 土壁倉庫」

長くて重い木材を乾かしながら貯蔵できる倉庫です。天井には2tクレーンが付いています。

「温湿計」
「温湿計」

365日管理する上で大切な温湿計です。数字と土壁の湿り具合を見ながらファンで調整しています。

「出荷前磨き」
「出荷前磨き」

出荷前にもう一度木の表面を磨いて仕上げます。積み方一つ、風の通る向きを考えながら管理しています。

「THE 土壁」
「THE 土壁」

冬の壁と夏の壁は全然違います。是非実際ご覧になってください。